天井の構造耐力上の安全性に係る検証ルートと
審査手続きの関係

このページを閉じる

構造躯体の構造計算ルート 天井の検証ルート
仕様ルート
水平震度法
応答スペクトル法
簡易スペクトル法
特殊な構造
時刻歴応答計算
時刻歴応答計算 確認審査のみ 大臣認定 大臣認定
限界耐力計算 構造適判 構造適判 大臣認定
ルート2(許容応力度等計算) 確認審査のみ 構造適判 大臣認定
ルート3(保有水平耐力計算)
四号建築物(構造計算を省略) 確認審査のみ 構造適判に
準ずる※
大臣認定
ルート1(許容応力度計算)

※任意に構造計算適合性判定に準じた審査を受けた上で確認申請を行うことが考えられる。

構造躯体の構造計算について構造設計一級建築士の関与が必要な建築物については、特定天井の構造方法についても、仕様ルート及び計算ルートの種別にかかわらず、構造設計一級建築士が設計するか、又は構造設計一級建築士による法適合確認が求められます。

出典『建築物における天井脱落対策に係る技術基準の解説』より