パーツ試作研究・開発

打合せの際のサンプルとして作成したり、接合検討のために試作したりします。
現物を金物としてつくる事もあれば、段ボールやスチレンボード等で手作りして形状検討を行う事もあります。現物のサンプルは実験で使用し、検証結果から形状の再検討、再度パーツ作成…と繰り返します。